まえがたつからぜんりつせん


オリジナル創作小説サークル「まえぜん」のブログです。

サイト内の作品を読みたい方はカテゴリ「創作小説」よりお願いします。

進行状況

 お久しぶりです。月一しか更新されてないブログへようこそ。って、誰か見てるのかな?

 『2月』の第7章、ようやく更新できそうです。今日第1稿が書きあがって、現在熟成期間中。一週間くらい置いて、問題ないようだったら公開しようと思います。やっと完結にこぎつけました。

 『2月』は兄妹もので血の繋がりは不明、というシチュエーションと着地点だけ決めて書き始めたもので、ほとんどの成分が鼻息です(私の小説は大概そうなのですが)。なので、最終章に近づけば近づくほど行き詰ってしまってしんどかったです。
 特に、心の動きのつじつま合わせ。第7章は妹視点なので妹の心理を書くのは大丈夫だったのですが、お兄ちゃんの方は果たしてこれで上手く伝わっているのか心配です。何度も視点が交錯しそうになりました。



 この章を書いている間に『小説 書き方』『小説 ルール』みたいのを、いくつか検索かけてみました。
 その中で、視点が交錯するのは読者が混乱するので良くない、みたいのがあって、なるほど書き手からしたら簡単なのでついやってしまいますが、そういうところが私の小説の漫画臭さの一因なのか。
 他にも、1人称小説で主人公が登場人物でない者(作者、読者)に話しかける手法は漫画的でよくないとも。

 そもそも漫画畑からやってきて、小説ほぼ読まない人間なので、気付いていませんでした。
 それを読んだ今でも『そうかなぁ?』と思っています。でも小説の読者さんはそう思ってしまうのなら、修正していかないと。
 『2月』は告白文調なので、それをあえて強調して書いていて、多分そういうのは問題ないと思うんですが、他の小説でもナチュラルにやっていたので、後日確認して、修正できるものは修正したいと思います。

 視点が交錯するのも、本当は直さないといけないんでしょうけど、そうすると『鎖(前編)』(頒布作品・18禁)は全修正になってしまうので、なんかもう、遠い気持ちです。
 ……あれはあの時の全力だったんだよー。 
 後編も書かなきゃと思っているのですが、あの時の黒い気持ちに自分を持っていくのが、なかなかしんどくて。
 前にもブログに書きましたが、あの時の自分は相当に頭おかしかったんでしょう。



 今回の最終章は何度も直していて、以前ほんのちょっとあげたものとは大分違った雰囲気になっています。
 もうこれ以上こねくり回してもいい事ないよー、と泣きも入りましたが、コトンと何かはまった瞬間からは、すごく楽しく書けました。
 そして改めて自分のだめんずスキーを自覚してしまいました。カッコいいお兄ちゃんだった筈なのに、なんでこうなっちゃうんだろう?
 一度でいいから『黒執事』みたいなアホほど完全な男性を主人公にした話を書いてみたいものです。

 それからネットに落ちてる『小説の書き方講座』の数々は、勉強になりました。
 今まで何故検索をかけるという考えに至らなかったのか、自分でも不思議です。時間を随分損してしまいました。
 なにぶん量が多過ぎて、全く読み切れていないのですが、これから頑張って勉強したいと思います。
 数々の講座で印象的だったのが『とにかく推敲しろ』で、多すぎると思っていた私の推敲は、実は全く足りていませんでした。なんだ一安心、じゃなくて、もっと頑張らなきゃ。

 
 
 

心臓の悪かった娘:ネタメモ

 子供の頃に心臓の悪かった娘。手術をして、今は元気。
 しかし、小さい頃に運動をしていなかったので、今でも運動全般苦手。
 また、過去の経験から、心臓に負担のかかる事が怖い。怪談話とかジェットコースター。威圧感のある人。舞台とか発表の緊張する場面。他人を怒らせる事。ケンカ。嫌われる事。そして、好かれる事。

 男性にアプローチされるのは緊張するから怖い。告白されて断って、恨まれるのが怖い。
 男の人って、なぜ強引なんだろう。話すのも怖いから、近づかないようにしているのに、なぜ寄ってくるんだろう。

 男の人に好かれると、女の子に嫌われたりもする。幼い頃は、みんな仲良く出来ていたと思うのに。大きくなるにつれ人間関係が辛くなってきた。気が付くと誰からも一歩離れて、心を許せる人がいなくなっていた。


 そんな時に出会う、ものすごく心の穏やかな(もしくは穏やかそうにみえる)男性。

・出会い、関係性をどうするか

 娘から男性に近づくのはあり得ない。あまりに人見知りな娘を心配した友人が紹介? →そこまで仲のいい友人がいるのか? 親友を一人だけ作るか→そのせいで友人と仲がこじれてみたり? →友人の彼氏か、友人の片思いの相手として紹介?? 仲介役を頼まれるとか? →仲介役程度なら、そこまで仲良くなくても頼まれるかも
 娘がいい年なら、心配した親が見合いのセッティングをするのもあり。だが、できれば娘は学生くらい若い方が好み。苦手が過ぎて、いい年して恋愛不全なのも説明がついて面白いけれど。
 兄の友人として、家に招かれる→兄は相反して感情の起伏の激しい人だといいかも。人間性は悪くない。松岡修三とか石原良純みたいなタイプ。

・男性のタイプ
 
 穏やかで大人なタイプ。→でもヒロインと仲良くなって恋愛感情も出てきたが、同時に事情も知ってしまうので、上手く言い出せず抑え込んでしまう。
 本当に感情の起伏の少ない人→人を好きになったりもしない。人の感情を理解する能力に乏しいので、兄のように裏表がなくストレートに感情を表現するタイプは分かりやすく、上手く付き合えている。ヒロインには頓珍漢な受け答えをよくしてしまい、ヒロインを混乱させたりする。


 初めは穏やかな人間性に心を許すヒロインだが、次第に恋愛感情が芽生えてくると、だんだん苦しくなってきてキツイ。
 この人なら大丈夫と思ったのに、近づくほど苦しくて怖い。→「この人なら大丈夫」という感情は、紹介やお見合いの方が上手くだせるのか?



*****

 別パターン。

 既に彼氏がいる。喜怒哀楽の激しいタイプ。迫られて、断った後の緊張やもしかしたら悪意を考えると恐ろしく、好きでもないのにOKしてしまう。案の定付き合ってからも彼氏に振り回されて辛くて、止めたいと思っているが、彼氏の心情を考えると言い出せない。→彼氏は悪い人間ではない。ただ感情の起伏が激しくストレート過ぎるので、ヒロインは受け止めきれない。社交的でアウトドアな一面もあり、そこも合わない。
 その頃、彼氏の友人(もしくは兄弟等)として紹介される、心の穏やかな男性。
 男性と話すと、自分も癒されて落ち着く気がする。次第に惹かれていくヒロイン。それを察して、身を引く彼氏。→その時点では、男性側の気持ちは分からない。
 ・友人の場合、男性と近づくきっかけはありそうだが(彼氏がお膳立て?)兄弟だと家に行かなくてはならないので、難しいかも→別れるまでいかず、彼氏が勝手に思い悩み、兄弟と仲良くなるようしむけたり? だとヒロインが彼氏の変化に戸惑ったり、辛い部分が書けるか?

 根っこは「恋愛感情って辛い」「人間関係って辛い」からの脱却。
 一見穏やかそうな人間にも、幼い部分があったり激しい部分があって、そこを自分で認めて成長できるか(男性) 
 そんな男性の人間性も含め、すべて受け入れ、他人を愛する事を恐れなくなれるか(ヒロイン)

 

カウンターとアクセス解析

 いつもは1もしくは0と、のび太の成績表以下なカウンターが、先ほど見たら83になっていて、変な感じです。
 どこのどなたかがものすごくじっくり見てくださったのか、どこのどなたかがリンクをはってくださったのか、単にカウンターがぶっ壊れてしまったのか、アクセス解析をみた限りでは良く分かりませんでした。
 このブログについているカウンターもアクセス解析も、いまいち使いこなせていません。特にアクセス解析。なーんか、数が合ってない気がするんだよなー。
 現在放置中のHP(閉鎖予定)で使わせて頂いていたNINJAのカウンター&アクセス解析には、そんな疑問を感じた事は1回も無かったのですが…。
 ログミンとかいう機能もついていて、見ていて可愛らしいのですがちょっと私には分かりにくいです。
 小説をUPしている手前、記事ごとのPVがあると励みになるのですが。

 もし、NINJAのアクセス解析がはれるのなら、それでやってみようかな。1記事ごとにはるのは正直面倒なんだけど。小説部分だけでも。調べてみようかな。

引っ越してました

 久しぶりのブログです。誰か見てるでしょうか。

 書かない間に引っ越してました。サイトではなく、住処を。
 引っ越し準備の段階から埃を吸い過ぎてしまったらしく、私がアレルギーで通院したり、子供が次々熱を出したり、旦那が引っ越し当日に肺炎で入院したりと、今までで一番しんどい引っ越しでした。
 引っ越し貧乏な性質で、上京してから8回目の引っ越しなのですが、一向に上達しません。でももう子供も2人だし、そろそろここで落ち着こうかなと考えています。
 自分の性格を分かっているので、今までカラーボックス中心の生活でしたが、この家ではちゃんとした家具も買いたいなと検討中。
 あと掃除。引っ越しがないと、なかなか大がかりな掃除って出来ないけど、これからはちゃんと心がけてやらなくちゃ。ほんと。今回は埃で生命の危機を感じました。

 前の家がとても古いアパートで、それだけならまだ我慢もできたのですが、虫がアホ程出て、夏中蟻の行列がいたり、1日に3匹もGに出くわしたりで発狂しそうでした。ちょうど近所にいい物件があったので、急いで引っ越し。
 元々子供が入学する頃には引っ越す予定だったんですけど、1年住んだかな…? ってくらいの最短記録。もう! 前の家、引っ越さなきゃ良かったよう!!

 でも実は、今の家で既にGを2回も見かけてて発狂しそう。連れてきちゃったのか、元々いたのかどっちだろう?
 今の家も作りは古いのでいてもおかしくないんですが、でもしっかりした作りのマンションだし、この季節でひと月に2回は多くないか!? そりゃ1日3回よりはましだけどさぁ……。

 荷物もだいたい整理できたので、そろそろ再就職も考えないとね。PCを久しぶりに開けたら、打ち込みがへったくそになってて、自分でもびっくりしました。
 引っ越し前に練習したのがすっかり戻っている感じです。また練習しないと。

 それから小説も、また書いていきたいです。いろいろ忘れちゃってるので、作品読み返さないと。
 いつも作品を書く前に、前に書いた作品を読める限りは読み返すようにしています。
 自分の作品を読み返すのは恥ずかしいのですが、忘れた時に読み返さないと、自分の下手が良く分からなくて。書いている最中に気づけないのは、才能が無い証拠なのでしょう。子供のように鼻息だけで書くの、いい加減に卒業したいです。

 漫画を描いていた時は、「まんがの描き方」みたいのを読んで勉強したのですが、小説もそういうハウツー本を読んで勉強すべきなのかな。
 一度「投稿小説の書き方」みたいな本を図書館で借りて読んだことがあるんですが、思ってたのとちょっと違って、途中までしか読まないで返してしまったんですよね。
 今思い返すと、「一つの文章は何文字以内」とか「スピード感を出したい時ほど描写は細かく」とか、役に立つ情報がたくさんあったような気がするんですけど、その当時は本当に何も分かって無くて、一行に何文字打ったらいいのかとか、行間をあけたい時は何行くらいが適当なのかとか、漫画の描き方で言ったら「紙はケント紙」とか「ペンは丸ペン」みたいな事が知りたかったのです。そしてそういう事は今でも良く分かっていません。だから私の作品は読み辛いかも。すみません。
 みんなそういう基本的な事、どこで知るんだろう? 小説仲間がいないので、全然わかりません。まずは仲間作りなのかなぁ。
 それと、あの「投稿小説の書き方」みたいな本、タイトル忘れてしまったけれど、もう一度読みたいな。

 
 

 

創作小説『3月』第3章をアップしました

創作小説『3月』第3章をアップしました

『3月』第3章はコチラ

 サイトに掲載されているものを、気になった点だけ修正し移したものです。内容はほとんど変わっていません。
 『3月』は中学校卒業直後、モテ男子と女装男子のストーリー。恋愛未然、くらいです。

 『2月』を先に仕上げちゃおうかな? と思っていたのですが、例によって行き詰ってしまいまして、先に『3月』3章をアップしました。
 主人公男子は、若い頃の今○翼くんとか小池○平くんとかのイメージで書いてます。今の若い子良く知りません。この2人の事も、良く知ってるか、って言ったらそうでもないんですが。
 私の勝手な印象で、若い頃の彼らって、すっごく恰好いいんだけど、親しみやすい、女子の間でおもちゃにされてそうな、そんな感じ。
 男子にも嫌われてなくて、寝てる間に顔に落書きされたり、髪にリボン結ばれたりしても怒らないで、平気な顔して授業うけてて、先生にも『いじめ?』とか絶対思われなくて、「しょーがねーなー、お前は」で済まされるようなタイプ。
 顔は童顔・中性的なのに、骨格はしっかりしてて、スポーツ万能で明るくて優しくて、花で言ったらひまわりみたいな人。

 なのに主人公にちょっと毒っぽいのが出てしまっているのは、ひとえに私の性格でしょう。すべてのキャラクターに自分が入りこんじゃう癖、良くないなー。
 自分の観察力と表現力の限界を感じます。上手くなりたい。

※注意:サイトについて※
サイトにUPされた作品は全年齢向けですが、頒布作品は18禁です。
閲覧の際にはご注意ください。
記事検索
月別アーカイブ
サークルプロフィール
「まえぜん」について
「まえぜん」とは、"まえがたつからぜんりつせん"の略。
オリジナル創作小説の個人サークルです。
PNはサークル名と同じ"まえぜん"。
子育てライフ満喫しながら、まったり活動再開妄想中^ ^;



活動内容

同性愛・BL・百合・ショタ・ロリ・SM・女装・近親相姦等、無節操に恋愛物を取り扱っていく予定&気が向いた時更新。
心の広い方推奨です。

サイトにUPされた作品は全年齢向けですが、頒布作品は18禁です。
閲覧の際にはご注意ください。

頒布作品一覧
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • RSS
  • Dlsite blog