創作小説『2月』第4章・『3月』第1章をアップしました。

 『2月』第4章はコチラ
 『3月』第1章はコチラ

 サイトに掲載されているものを、気になった点だけ修正し移したものです。内容はほとんど変わっていません。
 『2月』は兄妹の純愛もので、高校生時代がメインのストーリーです。
 『3月』は中学校卒業直後、モテ男子と女装男子のストーリー。恋愛未然、くらいです。

 『2月』は私にとって重い話なので、読み返すのも書き足すのもちょっとしんどくて、つい『3月』の編集に浮気してしまいました。まあ、ぼちぼち。
 
 更にWEB拍手の小説を読み返したり、DLsiteにて販売中の作品を読み返したりして、うああ@@@―――っっっ!!!って悶えたりしていました。
 なんか、あの頃の私は頭おかしかったんでしょうね。そうに違いない。

 あのテンションで『鎖』の後編、始末つけなきゃいけないのか。
 あれでハッピーエンドで着地するつもりだったのか、当時の自分。いや、なんかもう、無理あるだろー。
 人の幸せって、いろいろあるよね。みたいな感じで、瞳を糸にして生ぬるく、みたいな決着しか今は考えられないです。
 当時の後編の下書きなんか、もう見るに堪えないもので――。ホント頭おかしい。いや、頭おかしい。
 特に主人公・尚紀が突き抜けて頭おかしかったです。渉なんてまとも。

 もうちょっとキャラに人間らしさをもたせてあげよう。再考。

 『みやこ』も続きがあったんですけどー。これはなんか綺麗だし、もういっかぁー。と、今になっては思ったりしています。
 あんまり過去の話ばかりこねくりまわしても、しょうがないよなー。
 『2月』『3月』も、早いとこまとめて決着つけたいです。