まえがたつからぜんりつせん


オリジナル創作小説サークル「まえぜん」のブログです。

サイト内の作品を読みたい方はカテゴリ「創作小説」よりお願いします。

兄妹

『2月』エロゲバージョン設定妄想

 前回の日記で書きましたが、ようやく兄妹純愛ものの創作小説『2月』が完結しました。
 最初から大体のゴールを決めて書いていた話のはずだったのですが、話が煮詰まるにつれ、その先が書きたくなったり、新しいキャラを思いついてしまったり……。話を書いている時は大体そうなんですが、その世界から抜け出したくなくなってきてしまうのです。
 今回は純愛だからエロなし!って思ってるのに、エロゲ展開を同時に考えてしまって苦しくなってきたのでここで吐き出しです。
 とはいっても、脳の整理を兼ねた設定書きだけで、実際に書くことは多分無いと思います。何度も書いてますがゲーム作る力なんて全くありませんし、このブログ全年齢向けだし。
 紅茶王子がこの世にいたら手伝ってもらって書けないかな。超妄想他力本願。


 主人公

 兄。シングルマザーの息子で父親は不明。母の死後『恋人』の一人に引き取られる。
 頭が良くて、動物・虫好き。生物部所属(高校)。長身・面長・黒髪。
 引き取られた先の一つ年下の妹への好意を隠している。
 妹との血縁関係は不明。


 ヒロイン

 妹。幼い頃から鈍くさくて泣き虫。兄を慕っている。
 身長150㎝以下・丸顔・栗色の長い巻毛(天然)。
 兄の出生について知らされていない。
「あなたが本当に欲しいものはあげられない。だけどそれ以外なら全部あげるよ」

*******************************************************

・サブヒロイン・1
 生物部の後輩。人見知りで読書好き。
 眼鏡・三つ編み・カチューシャ
 主人公の妹への想いを知っている。
「代わりでも別にかまいません。微笑ってもらえませんか?妹さんのときみたいに」

・サブヒロイン・2
 育ての母。旦那(父)との血の繋がりは無いと信じている。
 息子を大切に育てながらも、本当の息子とは思えない自分に葛藤を感じている。
 娘と同じ栗毛・低身長・大きくゆるいパーマ
 主人公の娘に対する恋心を知って嫌悪を覚えたり
 息子に対する邪な思いに気づいて壊れそうになったり(←新展開)
「ごめんなさい。あなたを愛する事はできても、どうしても息子とは思えなかった」

・サブヒロイン・3(追加キャラ)
 主人公の同級生。ポニテ。
 委員長だが、お調子者で明るく元気。スポーツ万能。おっちょこちょい。
 正直者で、すぐに顔色が変わり分かりやすい。
 正義感が強く、世話好き。他人の変化によく気づくが、自分の恋には奥手。
「いつも穏やかな顔してるけど、何か悲しい事でもあるの? 気になるんだ。そういうの」
「あなたの気持ち、分かったよ。望みのない恋って辛いよね……見ないでよ。私、今すごい嫌な顔してるから」

・サブヒロイン・4-1(追加キャラ・バイトによって変更)
 年下のバイト(ファミレス)の先輩。高校は行かずフリーター。
 (主人公は高3でバイトをはじめる。彼女は学年で言ったら高2。)
 バイト歴は1年程だが、バイトリーダー。
 巨乳・つり目・盛り髪。(バイト中は何故か隠れている)
 外見は派手だが、芯が強くて真面目。歌手になりたい夢がある。
「あんたって本当に苦労した事ないでしょ? バイトだからってなめないでくれる?」
「あたし貪欲だからさ、全部欲しいんだ。信頼も、夢も、彼氏も。だから裏切んないでよね」 

・サブヒロイン4-2(追加キャラ・バイトによって変更)
 家庭教師先の生徒。中学受験を目指している。
 黒髪ストレート・おかっぱ・つるぺた
 勉強は出来るのに、やる気が無い。主人公に最初は懐かない。
 本当は別れたくない友人がいて、受験したくない。
「なんでこんな辛い思いして、やりたくない事頑張んなきゃいけないの? 私の人生なのに、子供は選んじゃいけないの?」
「親は喜んだよ。勉強するのだって本当は好き。先生と勉強するの楽しかった。でも受験が終わって、全てから放り出されたみたい。親も。友達も。先生も。誰もそばにいてくれない!」

・サブヒロイン5(追加キャラ)
 主人公の大学のサークルの先輩。2年生。
 主人公は1浪しているので、年齢的には同い年。
 セミロングで軽いウェーブ。見かけ普通の大学生。
 基本的に嘘つき。しかし自分の感情には正直に生きている。自由人。
 自分中心に生きているので、あまり他人に頓着しない。振り回される主人公。
 恋愛も奔放そうにみえるが、実際は好きになったら一途。
「あたしは自分のやりたいようにやってるだけよ! 心を殺してるあんたに嘘つき呼ばわりされる筋合いないわ!」
「相手の気持ち? なんでそんなの気にしなきゃいけないの? そんなんで恋する気持ちが変わるわけ?」
 
*******************************************************

 最初の分岐はヒロイン・サブ1・サブ3。
 ヒロインルートを進んでいくと、高3でバイトがはじまりサブ4のルートがでてくる。
 そのままヒロインルートで進むと、受験に失敗しサブ2ルートがでてくる。
 ヒロインのエンディングは2種あり、最初のヒロインルートを攻略すると大学生編にはいる。
 大学生編の分岐はヒロイン(大学生編)・サブ2・サブ5。
 浪人中のサブ2ルートを踏んでいないと、サブ2は攻略できない。
 真のボスは母。つかおまけ。
 

 ストレートロングとツインテが出なかったのが残念。
 ゲームとなると完全主人公目線だから、また違った感じになるんだろうな。
 ほとんど会話中心だし。

 妄想だけど楽しかったです。 

創作小説『2月』第7章をアップしました(完結)

 創作小説『2月』第7章をアップしました。完結しました。

『2月』第7章はコチラ

 『2月』は兄妹の純愛もので、高校生時代がメインのストーリーです。
 前回6章をアップしたの、去年の9月! 長かった。ほんと、何やってたんだろ。

 ずっと「これでいいのかな?これでいいのかな?」と考えずにはいられないんですが。最初にイメージしていたオチからは外れてないので、自分としては成功。のはず。
 読み手側が望むラストとしてはどうなのかな。こねくりまわし過ぎて、もう良く分からないです。いいのかな?これで。

 ああ、でもひとつケリつけられてスッキリ。次は『3月』か『鎖』の後編なのかな。

 『2月』を書きあげている間に、エロゲ妄想が発動してしまって、どうしようもないです。ゲーム作る力なんかないんで、本当にどうしようもないんですが、しんどいんで妄想だけ次回吐き出すかもしれません。
 精神的にもきちんとケリつけて、脳みそ整理しないと前に進めない。

進行状況

 お久しぶりです。月一しか更新されてないブログへようこそ。って、誰か見てるのかな?

 『2月』の第7章、ようやく更新できそうです。今日第1稿が書きあがって、現在熟成期間中。一週間くらい置いて、問題ないようだったら公開しようと思います。やっと完結にこぎつけました。

 『2月』は兄妹もので血の繋がりは不明、というシチュエーションと着地点だけ決めて書き始めたもので、ほとんどの成分が鼻息です(私の小説は大概そうなのですが)。なので、最終章に近づけば近づくほど行き詰ってしまってしんどかったです。
 特に、心の動きのつじつま合わせ。第7章は妹視点なので妹の心理を書くのは大丈夫だったのですが、お兄ちゃんの方は果たしてこれで上手く伝わっているのか心配です。何度も視点が交錯しそうになりました。



 この章を書いている間に『小説 書き方』『小説 ルール』みたいのを、いくつか検索かけてみました。
 その中で、視点が交錯するのは読者が混乱するので良くない、みたいのがあって、なるほど書き手からしたら簡単なのでついやってしまいますが、そういうところが私の小説の漫画臭さの一因なのか。
 他にも、1人称小説で主人公が登場人物でない者(作者、読者)に話しかける手法は漫画的でよくないとも。

 そもそも漫画畑からやってきて、小説ほぼ読まない人間なので、気付いていませんでした。
 それを読んだ今でも『そうかなぁ?』と思っています。でも小説の読者さんはそう思ってしまうのなら、修正していかないと。
 『2月』は告白文調なので、それをあえて強調して書いていて、多分そういうのは問題ないと思うんですが、他の小説でもナチュラルにやっていたので、後日確認して、修正できるものは修正したいと思います。

 視点が交錯するのも、本当は直さないといけないんでしょうけど、そうすると『鎖(前編)』(頒布作品・18禁)は全修正になってしまうので、なんかもう、遠い気持ちです。
 ……あれはあの時の全力だったんだよー。 
 後編も書かなきゃと思っているのですが、あの時の黒い気持ちに自分を持っていくのが、なかなかしんどくて。
 前にもブログに書きましたが、あの時の自分は相当に頭おかしかったんでしょう。



 今回の最終章は何度も直していて、以前ほんのちょっとあげたものとは大分違った雰囲気になっています。
 もうこれ以上こねくり回してもいい事ないよー、と泣きも入りましたが、コトンと何かはまった瞬間からは、すごく楽しく書けました。
 そして改めて自分のだめんずスキーを自覚してしまいました。カッコいいお兄ちゃんだった筈なのに、なんでこうなっちゃうんだろう?
 一度でいいから『黒執事』みたいなアホほど完全な男性を主人公にした話を書いてみたいものです。

 それからネットに落ちてる『小説の書き方講座』の数々は、勉強になりました。
 今まで何故検索をかけるという考えに至らなかったのか、自分でも不思議です。時間を随分損してしまいました。
 なにぶん量が多過ぎて、全く読み切れていないのですが、これから頑張って勉強したいと思います。
 数々の講座で印象的だったのが『とにかく推敲しろ』で、多すぎると思っていた私の推敲は、実は全く足りていませんでした。なんだ一安心、じゃなくて、もっと頑張らなきゃ。

 
 
 

創作小説『2月』第6章をアップしました

 創作小説『2月』第6章をアップしました。

『2月』第6章はコチラ

 『2月』は兄妹の純愛もので、高校生時代がメインのストーリーです。
 
 やっっっっと、新作が出せました! 長かった!
 そして気が付いたら文章も長かったです。もっとまとめた方が良かったでしょうか。
 書いてるうちにあっちに散らかりこっちに散らかりしてしまい、拾い集めたらこんな事に。
 しばらく経ってから読み返して、もんどりうつほど耐えられなかったら、修正も考えます。
 今はこれが精いっぱい。

 ああー、でもこれでやっと7章で〆れそう。なんとかかんとか。
 頑張りますので、もうちょっとお付き合いください。

創作小説『2月』第5章・『3月』第2章をアップしました

 創作小説『2月』第5章・『3月』第2章をアップしました。

 『2月』第5章はコチラ
 『3月』第2章はコチラ

 サイトに掲載されているものを、気になった点だけ修正し移したものです。内容はほとんど変わっていません。
 『2月』は兄妹の純愛もので、高校生時代がメインのストーリーです。
 『3月』は中学校卒業直後、モテ男子と女装男子のストーリー。恋愛未然、くらいです。

 『2月』はこれでサイトに掲載分は終了です。現在6章執筆中。書いてるうちに育ての母がなんだか酷い人になってきてしまって、それは本意じゃなかったなー、とこねくり中。
 駄目だったら母サイドの話は諦めます。無くても通じるのですが、なんか思いつきで入れてみたかっただけなので。

 『3月』は、読み返したら思いのほか主人公が熱い男だったので、ちょっとヒきました。もう少し落ち着け。

 このシリーズは、いつか『1月』から『12月』まで揃えるつもりです。何故『1月』が無いのかと言えば、初めてシリーズを書き出したのが2月だったからです。
 次『4月』にするかどうかは、まだ考えていません。『4月』自体はぼんやりネタがあるんですけど、時間も経ってしまっているし、書きたいものが出来たら、順番変わるかもしれません。

 『2月』も『3月』も、純愛とかいいつつあんまりラブラブしていない感じになってしまいそうです。他の月ではもっとラブが書きたいですね。

※注意:サイトについて※
サイトにUPされた作品は全年齢向けですが、頒布作品は18禁です。
閲覧の際にはご注意ください。
記事検索
月別アーカイブ
サークルプロフィール
「まえぜん」について
「まえぜん」とは、"まえがたつからぜんりつせん"の略。
オリジナル創作小説の個人サークルです。
PNはサークル名と同じ"まえぜん"。
子育てライフ満喫しながら、まったり活動再開妄想中^ ^;



活動内容

同性愛・BL・百合・ショタ・ロリ・SM・女装・近親相姦等、無節操に恋愛物を取り扱っていく予定&気が向いた時更新。
心の広い方推奨です。

サイトにUPされた作品は全年齢向けですが、頒布作品は18禁です。
閲覧の際にはご注意ください。

頒布作品一覧
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • RSS
  • Dlsite blog