まえがたつからぜんりつせん


オリジナル創作小説サークル「まえぜん」のブログです。

サイト内の作品を読みたい方はカテゴリ「創作小説」よりお願いします。

純愛

卒業証書にラブレター:ネタメモ

 主人公:高1男子
 割と田舎の通学電車(1時間に3本くらい)。帰りの電車で向かいに偶然向かいに座っていた少女が、小学生の時に好きだったクラスメートだった。
 中学は学校が分かれてしまうので告白したかったが言い出せず、卒業証書の筒の中に手紙を入れた。 もちろん返事はないまま、それきり会っていなかった。
 もしくは中学持ち上がりでもいいのだが、卒業証書の筒の中に手紙を入れるのは同じ。その後はクラスも別れて会話できず。

 中学別パターンだと、高校が近かった事も知らないだろうから、偶然居合わせる辻褄は合う。
 中学が同じなら、噂でどの高校かは知っていそう。なんで返事をくれなかったのかやきもきするさまは表現しやすいか。

 目が合って、恥ずかしくて下を向いているとガサガサ音がする。顔をあげないように視線だけを少女に向けると、まるでこちらが視界に入っていないかのような涼しい顔で文庫本を読んでいる。
 拍子抜けして(少し腹も立って)ちらちらと彼女を盗み見ていたが、すっかり集中しているようなので、段々気が緩んで見つめ続けてしまう。
 彼女の瞳が揺れて、瞼の辺りが赤く染まった。もしかして泣いてる? 何の本読んでるんだろう。
 瞬間、彼女の顔が正面を向いて、自分が顔をあげて彼女を凝視していた事に気が付いた。慌てて下を向く。もう遅い?
 同時にアナウンスが聞こえて、電車が速度を落としだす。向かいから荷物をまとめ、かけだす音。まだ地元の駅まで2駅もあるのに。用事でもあるのだろうか? と、自分の横でバタンと大きな音がする。
 驚いて顔を向けると、彼女がドアの前でうずくまっていた。

「だ、大丈夫か?」
 どうやって助け起こそうかと一瞬ためらった隙にドアが閉まって電車は走り出してしまう。
 ……とにかく椅子に座らせよう。肩と腕を支えようとして、その細さにびっくりする。
「ほんと、大丈夫か?」
 一拍おいて静かに聞くと小さくうなずいた。
「どっか悪いとか?」
「…………ううん、ただの立ちくらみ。でも……本、ホームに落としちゃった」
「ああ……気づかなかった、悪い。今の駅で降りるんだった? 用事?」
「ううん、違う。…………え、っと。だって……」
 下を向いたままスカートの裾をぎゅっと握って
「だって、は……ずかしく、て…………」
 その仕草が、本当に恋する乙女みたいで可愛くて、なんかもしかして望みがあるんじゃないかって思えて。生唾飲み込んであのっ……て言いかけたら駅に着いてしまった。
(田舎の2駅だと10分くらいはあると思うので、もうすこし間を持たせた方がいいかも)

 改札で駅員に本の事を尋ねたら、落とした駅で預かってくれているとの事。明日取りに行きます。とほっとした表情で答える少女。
 手紙。読んでくれたのかな? どう思ったかな? どう思ってるのかな? 俺の事。
 その日は何も聞けないまま別れてしまう。

「ああ、そりゃ、気付かれてないんじゃね?」
 次の日、高校の友人に話してしまった。
1「だってオレ、卒業証書なんて貰ってから一度も開けてないぜ。筒のまま押入れいれっぱなし」
2「え、嘘。俺んとこは額入れて飾ってあるけど」
1「うわ、マジ? まっじめー!」
2「ちっげーよ! 俺がやったんじゃなくて、おふくろが――」
 どっちのパターンも予想してなかった! でもあり得る! 卒業証書なんて物が物だけに。どっちのパターンでも困るけど、特に2。親が先に見るなんて最悪だ!

 放課後、急いで電車に飛び乗って、昨日の駅へ向かう。改札で本の落とし主が現れなかったか尋ねようとしていると、彼女がやってきた。違う車両に乗っていたらしい。
 頬を染めながら怪訝そうな顔をする彼女に、深呼吸をひとつしてから
「昨日聞き忘れた、っていうか、ずっと聞きたかった事があって。…………卒業証書、なんだけど――」
 言い終わらないうちに表情が怒りへと変わる彼女にびっくりして、言いよどんでいると
「あなたがやったの?」
 小さく、だけどはっきりそう言った。あれ、俺名前書いたよな? と思いながらも
「うん」
 て答えると、彼女の平手打ちがとんできた。
「…………信じられない!」

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 実際に彼女が見た筒の中身は、びりびりに破かれた卒業証書。
 主人公が卒業証書に手紙を入れるのを見てしまった他の女子が、嫉妬にかられてやった
 嫉妬の詳細を恋愛感情にするか、彼女自身にするか、友情にするかは、要検討。

※恋愛にするなら、中学になってヒロインと主人公は離れてしまい、競争意識がなくなって、あっと言う間に醒めてしまっているとかのが膨らむか? 一途に高校まで主人公と一緒でもいい。主人公とは仲よくやっているが、恋心は気付かれていない。
※彼女自身なら、きっとヒロインと同じ中学・高校に通っているはず。
※友情壊されたくなくて、主人公に嫉妬だったら、相談うけて「ほれ見た事か」的な事をいうかも。自分は普通に彼氏がいるくせに、ヒロインが他を向くのは許せない。性格が悪いのを見透かされているので、女の友人は彼女しかいない。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 叩かれたものの、田舎なので同じ電車に乗るしかなくて、違う車両に乗るのもなんかわざとらしいので、同じ車両のちょっと離れた場所に座ってみたり。
 彼女は返してもらった文庫本の続きを開くと、さっきまでの怒りを忘れたかのように、すっと本の世界に入り込んでしまった。小さく表情を変えながら、瞳を上下に動かしている。
 あんなに集中してしまうなんて、一体どんな本なんだろう? カバーがかかっているのでタイトルが見えない。
(最後に貸してもらえるといいか? 途中の話に絡めるか?)

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 ひとまずここまで。




 

創作小説『2月』第7章をアップしました(完結)

 創作小説『2月』第7章をアップしました。完結しました。

『2月』第7章はコチラ

 『2月』は兄妹の純愛もので、高校生時代がメインのストーリーです。
 前回6章をアップしたの、去年の9月! 長かった。ほんと、何やってたんだろ。

 ずっと「これでいいのかな?これでいいのかな?」と考えずにはいられないんですが。最初にイメージしていたオチからは外れてないので、自分としては成功。のはず。
 読み手側が望むラストとしてはどうなのかな。こねくりまわし過ぎて、もう良く分からないです。いいのかな?これで。

 ああ、でもひとつケリつけられてスッキリ。次は『3月』か『鎖』の後編なのかな。

 『2月』を書きあげている間に、エロゲ妄想が発動してしまって、どうしようもないです。ゲーム作る力なんかないんで、本当にどうしようもないんですが、しんどいんで妄想だけ次回吐き出すかもしれません。
 精神的にもきちんとケリつけて、脳みそ整理しないと前に進めない。

進行状況

 お久しぶりです。月一しか更新されてないブログへようこそ。って、誰か見てるのかな?

 『2月』の第7章、ようやく更新できそうです。今日第1稿が書きあがって、現在熟成期間中。一週間くらい置いて、問題ないようだったら公開しようと思います。やっと完結にこぎつけました。

 『2月』は兄妹もので血の繋がりは不明、というシチュエーションと着地点だけ決めて書き始めたもので、ほとんどの成分が鼻息です(私の小説は大概そうなのですが)。なので、最終章に近づけば近づくほど行き詰ってしまってしんどかったです。
 特に、心の動きのつじつま合わせ。第7章は妹視点なので妹の心理を書くのは大丈夫だったのですが、お兄ちゃんの方は果たしてこれで上手く伝わっているのか心配です。何度も視点が交錯しそうになりました。



 この章を書いている間に『小説 書き方』『小説 ルール』みたいのを、いくつか検索かけてみました。
 その中で、視点が交錯するのは読者が混乱するので良くない、みたいのがあって、なるほど書き手からしたら簡単なのでついやってしまいますが、そういうところが私の小説の漫画臭さの一因なのか。
 他にも、1人称小説で主人公が登場人物でない者(作者、読者)に話しかける手法は漫画的でよくないとも。

 そもそも漫画畑からやってきて、小説ほぼ読まない人間なので、気付いていませんでした。
 それを読んだ今でも『そうかなぁ?』と思っています。でも小説の読者さんはそう思ってしまうのなら、修正していかないと。
 『2月』は告白文調なので、それをあえて強調して書いていて、多分そういうのは問題ないと思うんですが、他の小説でもナチュラルにやっていたので、後日確認して、修正できるものは修正したいと思います。

 視点が交錯するのも、本当は直さないといけないんでしょうけど、そうすると『鎖(前編)』(頒布作品・18禁)は全修正になってしまうので、なんかもう、遠い気持ちです。
 ……あれはあの時の全力だったんだよー。 
 後編も書かなきゃと思っているのですが、あの時の黒い気持ちに自分を持っていくのが、なかなかしんどくて。
 前にもブログに書きましたが、あの時の自分は相当に頭おかしかったんでしょう。



 今回の最終章は何度も直していて、以前ほんのちょっとあげたものとは大分違った雰囲気になっています。
 もうこれ以上こねくり回してもいい事ないよー、と泣きも入りましたが、コトンと何かはまった瞬間からは、すごく楽しく書けました。
 そして改めて自分のだめんずスキーを自覚してしまいました。カッコいいお兄ちゃんだった筈なのに、なんでこうなっちゃうんだろう?
 一度でいいから『黒執事』みたいなアホほど完全な男性を主人公にした話を書いてみたいものです。

 それからネットに落ちてる『小説の書き方講座』の数々は、勉強になりました。
 今まで何故検索をかけるという考えに至らなかったのか、自分でも不思議です。時間を随分損してしまいました。
 なにぶん量が多過ぎて、全く読み切れていないのですが、これから頑張って勉強したいと思います。
 数々の講座で印象的だったのが『とにかく推敲しろ』で、多すぎると思っていた私の推敲は、実は全く足りていませんでした。なんだ一安心、じゃなくて、もっと頑張らなきゃ。

 
 
 

心臓の悪かった娘:ネタメモ

 子供の頃に心臓の悪かった娘。手術をして、今は元気。
 しかし、小さい頃に運動をしていなかったので、今でも運動全般苦手。
 また、過去の経験から、心臓に負担のかかる事が怖い。怪談話とかジェットコースター。威圧感のある人。舞台とか発表の緊張する場面。他人を怒らせる事。ケンカ。嫌われる事。そして、好かれる事。

 男性にアプローチされるのは緊張するから怖い。告白されて断って、恨まれるのが怖い。
 男の人って、なぜ強引なんだろう。話すのも怖いから、近づかないようにしているのに、なぜ寄ってくるんだろう。

 男の人に好かれると、女の子に嫌われたりもする。幼い頃は、みんな仲良く出来ていたと思うのに。大きくなるにつれ人間関係が辛くなってきた。気が付くと誰からも一歩離れて、心を許せる人がいなくなっていた。


 そんな時に出会う、ものすごく心の穏やかな(もしくは穏やかそうにみえる)男性。

・出会い、関係性をどうするか

 娘から男性に近づくのはあり得ない。あまりに人見知りな娘を心配した友人が紹介? →そこまで仲のいい友人がいるのか? 親友を一人だけ作るか→そのせいで友人と仲がこじれてみたり? →友人の彼氏か、友人の片思いの相手として紹介?? 仲介役を頼まれるとか? →仲介役程度なら、そこまで仲良くなくても頼まれるかも
 娘がいい年なら、心配した親が見合いのセッティングをするのもあり。だが、できれば娘は学生くらい若い方が好み。苦手が過ぎて、いい年して恋愛不全なのも説明がついて面白いけれど。
 兄の友人として、家に招かれる→兄は相反して感情の起伏の激しい人だといいかも。人間性は悪くない。松岡修三とか石原良純みたいなタイプ。

・男性のタイプ
 
 穏やかで大人なタイプ。→でもヒロインと仲良くなって恋愛感情も出てきたが、同時に事情も知ってしまうので、上手く言い出せず抑え込んでしまう。
 本当に感情の起伏の少ない人→人を好きになったりもしない。人の感情を理解する能力に乏しいので、兄のように裏表がなくストレートに感情を表現するタイプは分かりやすく、上手く付き合えている。ヒロインには頓珍漢な受け答えをよくしてしまい、ヒロインを混乱させたりする。


 初めは穏やかな人間性に心を許すヒロインだが、次第に恋愛感情が芽生えてくると、だんだん苦しくなってきてキツイ。
 この人なら大丈夫と思ったのに、近づくほど苦しくて怖い。→「この人なら大丈夫」という感情は、紹介やお見合いの方が上手くだせるのか?



*****

 別パターン。

 既に彼氏がいる。喜怒哀楽の激しいタイプ。迫られて、断った後の緊張やもしかしたら悪意を考えると恐ろしく、好きでもないのにOKしてしまう。案の定付き合ってからも彼氏に振り回されて辛くて、止めたいと思っているが、彼氏の心情を考えると言い出せない。→彼氏は悪い人間ではない。ただ感情の起伏が激しくストレート過ぎるので、ヒロインは受け止めきれない。社交的でアウトドアな一面もあり、そこも合わない。
 その頃、彼氏の友人(もしくは兄弟等)として紹介される、心の穏やかな男性。
 男性と話すと、自分も癒されて落ち着く気がする。次第に惹かれていくヒロイン。それを察して、身を引く彼氏。→その時点では、男性側の気持ちは分からない。
 ・友人の場合、男性と近づくきっかけはありそうだが(彼氏がお膳立て?)兄弟だと家に行かなくてはならないので、難しいかも→別れるまでいかず、彼氏が勝手に思い悩み、兄弟と仲良くなるようしむけたり? だとヒロインが彼氏の変化に戸惑ったり、辛い部分が書けるか?

 根っこは「恋愛感情って辛い」「人間関係って辛い」からの脱却。
 一見穏やかそうな人間にも、幼い部分があったり激しい部分があって、そこを自分で認めて成長できるか(男性) 
 そんな男性の人間性も含め、すべて受け入れ、他人を愛する事を恐れなくなれるか(ヒロイン)

 

創作小説『3月』第3章をアップしました

創作小説『3月』第3章をアップしました

『3月』第3章はコチラ

 サイトに掲載されているものを、気になった点だけ修正し移したものです。内容はほとんど変わっていません。
 『3月』は中学校卒業直後、モテ男子と女装男子のストーリー。恋愛未然、くらいです。

 『2月』を先に仕上げちゃおうかな? と思っていたのですが、例によって行き詰ってしまいまして、先に『3月』3章をアップしました。
 主人公男子は、若い頃の今○翼くんとか小池○平くんとかのイメージで書いてます。今の若い子良く知りません。この2人の事も、良く知ってるか、って言ったらそうでもないんですが。
 私の勝手な印象で、若い頃の彼らって、すっごく恰好いいんだけど、親しみやすい、女子の間でおもちゃにされてそうな、そんな感じ。
 男子にも嫌われてなくて、寝てる間に顔に落書きされたり、髪にリボン結ばれたりしても怒らないで、平気な顔して授業うけてて、先生にも『いじめ?』とか絶対思われなくて、「しょーがねーなー、お前は」で済まされるようなタイプ。
 顔は童顔・中性的なのに、骨格はしっかりしてて、スポーツ万能で明るくて優しくて、花で言ったらひまわりみたいな人。

 なのに主人公にちょっと毒っぽいのが出てしまっているのは、ひとえに私の性格でしょう。すべてのキャラクターに自分が入りこんじゃう癖、良くないなー。
 自分の観察力と表現力の限界を感じます。上手くなりたい。

※注意:サイトについて※
サイトにUPされた作品は全年齢向けですが、頒布作品は18禁です。
閲覧の際にはご注意ください。
記事検索
月別アーカイブ
サークルプロフィール
「まえぜん」について
「まえぜん」とは、"まえがたつからぜんりつせん"の略。
オリジナル創作小説の個人サークルです。
PNはサークル名と同じ"まえぜん"。
子育てライフ満喫しながら、まったり活動再開妄想中^ ^;



活動内容

同性愛・BL・百合・ショタ・ロリ・SM・女装・近親相姦等、無節操に恋愛物を取り扱っていく予定&気が向いた時更新。
心の広い方推奨です。

サイトにUPされた作品は全年齢向けですが、頒布作品は18禁です。
閲覧の際にはご注意ください。

頒布作品一覧
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • RSS
  • Dlsite blog